安心できるサポートを提供している賃貸管理会社

投資手段を選ぼう

集合住宅

資産を増やすための投資手段はいくつかありますが、毎月安定的な収入を確保したいと考えるのであれば、その手段は限られてきます。安定的な収入を考えた場合、まず最初に挙げられるものがマンション経営です。マンション経営を始めれば、毎月決まった家賃が振り込まれてきます。しかし、マンション経営には空室というリスクもあります。入居者が退去してしまえば、家賃は発生せず、管理費や修繕積立金などの費用のみが発生することになります。この空室リスクを懸念し、マンション経営に二の足を踏む人も少なからずいます。空室リスクを抑えながら安定的な収入を得たいと考えるのであれば、上場不動産投資信託がお勧めです。上場不動産投資信託は多くの投資家から資金を集め、オフィスビルやマンションなどの収益物件に投資をしています。当然、空室は発生しますが、他の収益物件からの収入で経費をカバーできるので、全体における影響は軽微です。上場不動産投資信託は50を超える銘柄がありますが、どの上場不動産投資信託を選んだらよいのかわからなければ、上場不動産投資信託に投資をしている株式投資信託に投資をするという方法もあります。上場不動産投資信託を組み込んだ株式投資信託に投資をすることで、株式市場に上場している上場不動産投資信託のほとんどすべてに投資をすることができます。これらのどれか1つだけで運用していくというよりも状況に応じて使い分けたり、複数に投資をしていくとよいです。