安心できるサポートを提供している賃貸管理会社

お得に賃貸経営をするには

男の人

滞納保証システムの勧め

所有不動産を活かして賃貸経営をする場合に、覚えておきたいのが家賃債務保証です。この家賃債務保証は家賃保証、あるいは賃貸保証と呼ばれることもあります。一口でいえば、もし賃貸経営をしていて、入居者の家賃滞納があった場合に、その分を保証してもらえるシステムです。このため家賃収入が安定し、不動産購入のローンの返済も楽にできるようになります。滞納分は、入居者が会社に支払うことになります。このシステムを活用するには、まず家賃債務保証会社と契約するのが条件です。管理会社の中には、家賃債務保証専門の部門を設けている所もあります。入居者が、この手の物件に入居する際には、初期費用に加えて保証料を払います。ですから、負担にならない程度の保証料の会社を選んだ方が、入居希望者は多くなります。一方で入居する側も、連帯保証人を立てる必要がないので、その点は大変魅力的です。また契約内容によっては、滞納が続いて法的措置を取る場合の料金が、カバーされることもあります。この家賃債務保証の中には、サブリースとも呼ばれる一括借り上げもあります。一括借り上げになると、物件をそのまま借り上げてくれますので、空室の分も保証をしてくれます。ただしこの場合は、通常の家賃債務保証よりも、収入はやや少なくなります。また空室がかなり多いと、家賃の見直しが必要になることもありますので、一括借り上げを考えるのであれば、その家賃設定に配慮しておきましょう。